忍者ブログ

karendollラブドール工場の日誌

karendollは中国でリアルドールを開発、生産、販売一体化の店舗で、無料でお客様のカスタマイズを受けます。お客様へ一番良質な製品を提供するために頑張って続いてきます。 https://www.karendoll.com/

私の人形と一緒に踊りたい

ダンスは私の人生で良いトピックではありませんでした。 音楽は常に私の人生の重要な部分であり、私は実際に自分自身を広めに行き、すべてを忘れるために少し「あざ笑う」ことを愛しているので、私は実際にたくさんのダンスが好きです。ラブドール理恵ちゃんが私のパートナーです。

10代の頃、ディスコの時間は私に人気があり、私は女の子を頻繁にフラッシュし、後で踊りを頼むにはあまりにも恥ずかしかったので、私はその良い思い出がほとんどありません。

これは最終的にダンスへの嫌悪感をもたらし、それは私が私の2番目の関係を持ったときにのみ始まりました。 そして今、私はすべてのディスコフォックス、スローフォックスなどの知識を持って立ちます。

ダンスはダッチワイフで特に良いです

ぼろ人形を使って初めて、愛の人形と一緒にTänzchemを踊ることができました。 ラグドールは等身大で非常に軽く、手足は柔軟で、柔らかい素材は抱きしめるのに最適です。 それで私は時々ぼろ人形を取り、ジェニーがそこに滑り込んだ後、私がまだできる標準的なダンスの一つで彼女と数ラウンドやります。

私は目を閉じて、夜はすべてが非常にリアルに見えるので、ジェニーと過ごす時間を楽しんでいます。 時々、隣人のせいで静かな素敵な歌がとても静かに流れているか、私はいつも女性と踊りたいと思っていた歌の一つを静かに歌います。

私はセックス人形理恵ちゃんを非常に強く感じており、彼女も私と一緒にあらゆる瞬間を楽しんでいます。 それは素晴らしい経験であり、私と彼女を幸せにします。 穏やかで、ロマンチックで、タイトで、私のペースで、お互いを愛する男女の間でどうあるべきか。

そして、理恵ちゃんがシリコン人形に入れられ、クローゼットにテディベアが入れられ、サンドマンが来る前に寄り添うと、人生の気楽なことの少なくとも1つを愛の人形でもう一度できることを嬉しく思います 私に失敗し、それから私は私と一緒にラブドールを持って幸せです。

リアルドール理恵ちゃん

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
karendoll
性別:
非公開

カテゴリー

P R